【不妊治療】転院を伝える方法と紹介状【気まずいけど】

不妊治療で転院を伝える

不妊治療の転院を考える時。

どんなタイミングで、どう伝えるのがいいのか。

次の病院への紹介状は必要なのか?治療歴のデータは?など、

気になることが色々ありますよね。

私の経験をもとに書いてみます。

 

不妊治療の転院のタイミングは?

 

特に病院への不信感がないかぎり、転院のタイミングは私は「同じ治療を4回繰り返してダメだった時」かなと、思います。

というのは、人工授精も体外受精も、一定の回数同じことを繰り返して成功しない場合、それ以降の確率は下がると言われているからです。

人工授精で言うと5~6回。体外受精だと3~4回というのがよく言われる回数です。

 

もちろん、同じ病院で前の失敗結果をもとに「今度はこうしてみよう」と試行錯誤していくのもいいと思います。

が、ルーティンのように同じことを繰り返すようなら転院のタイミングかもしれません。

 

それに、同じ所に通い続けるストレスっていうのも結構あるんですよね。

 

心機一転、別の名医を訪ねてみるのは、私は精神的にも良いと思います。

 

治療履歴や検査結果の引継ぎ・紹介状について

何も言わずに転院するのももちろんアリですが、検査結果や治療履歴を持って行った方が絶対スムーズです。

血液検査や遺伝子検査、卵管の通りの検査、子宮鏡検査などなど、また同じ検査をイチからやったらお金も時間もかかります。

私の場合、再検査は一部だったのでだいぶ節約になりました。

(検査によっては賞味期限があるものもあって、1年前の結果じゃダメだね、再検査しましょう。となるものもあります。)

 

病院にお願いすれば、検査結果やカルテの内容を紙またはデータでもらえます。

私の場合、すべてをプリントアウトしてくれたので、それを次の病院に持参しました。

 

 

「紹介状」については、不妊治療の転院の場合はというのは特に意味をなさないですね。

小さな病院でできない施術を大病院にお願いするような場合と違い、

そもそも自分で次の病院をどこにするか決めていることがほとんどだと思います。

治療履歴をもらう際に、せっかくだからとお手紙をつけてくれたりもしますが、なきゃないでいいです。

 

 

気まずくない転院の伝え方

 

先生や看護婦さんがすごくいい人で熱心で、すごくお世話になっていると、転院を言いだすのが心苦しい・・・気まずい・・・という話もよく聞きます。

これについては、全く気にすること無いと思います。

不妊治療で転院をする人は本当~~にたくさんいるんです。

よくあることですし、ドクター批判をしているとは受け止めないと思います。

私の場合は、「心機一転、転院をしてみようと思うんです」と そのままズバリストレートに悪びれずに言いました。

それは気まずい・・・・という方は、こうしたらどうでしょうか。

 

嘘も方便。引っ越す、仕事を変わると言う

家や仕事が変わって通いにくくなるからと言う。これが一番角が立たないかもしれません。

誰も証拠を見せろとは言いません。

 

夫の知人の先生が診てくれることになったと言う

主人の知人が不妊治療医で、お付き合い的にそうなることになった。

先生にはお世話になったので私自身はここで続けたいのですが・・・・と。

嘘も方便です。

 

看護婦さんやコーディネーターさんにだけ言う

先生に直接言いづらい場合、看護婦さんや受付にだけ転院したい旨を話して治療履歴をもらうというのもアリだと思います。

単なる過去書類であって再検査などするわけではないので、直接行かず電話やメールでも大丈夫だと思います。

先生には挨拶ナシでフェイドアウトすることにはなりますが・・・。

気まずいシチュエーションを避けたい人にはいいですね。

 

治療履歴はもらわずに、自分のメモ書きを使う

詳細な治療結果の書面は、かなり大量になります。

なので、次の病院でそれをじっくり全部読むわけではありません。

要するに過去どんな方法を使って治療したかがわかればいいので、自分のメモ書きをもとに自作した書面でもいいと思います。

私の場合、細かい過程の数値やエコー写真なども全部持たされて300枚ぐらいになったので、それとは別に自分でエクセルで

「治療した時期  / おこなった治療法(タイミング法・人工授精・アンタゴニスト法など)/使った薬剤 /その結果」

を簡潔にまとめた書面を作りました。

見やすいのでそっちの方がしっかり見てたっぽいです。

ただし、この場合は検査結果をもらわないので、転院先で一から検査やり直しになりますね。

 

ご参考になれば幸いです。

転院するからには、次こそは・・・・!と思っていますので、納得のいく病院が選べるとよいですね。

私が転院の際に比較検討した病院はこちらです。

 

▼↓この記事をSNSでシェアする↓▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です