妊娠5ヶ月、今処方されているお薬

妊娠5ヶ月、現在病院で処方されているお薬を紹介します。

 

Calvin plus(カルビンプラス)

カルシウム600mg
マグネシウム 40mg
マンガン 1.8mg
亜鉛 7.5mg
銅 1mg
ビタミンD3 200IU
ホウ素 250μg

が入っています。

妊娠中はカルシウムが持って行かれて骨や歯がもろくなるといいます。

これを1日1回、朝に1錠。

Orofer(オロファー)

鉄 100mg
葉酸 550mcg

が含まれています。

これまで妊娠初期〜中期のなかほどまで、別で葉酸を1日に5mg摂っていたのですが(この件については別で書きます。)ここからはこのoroferにも含まれているからやめていいよと言われました。

飲むと便秘になりやすくなります。これは鉄剤の特徴で、私も過去超快便体質だったのに便秘になりました。
そして、便が黒くなります。

1日1回、朝に1錠。

 

 

ASPENT-M(アスペントM 81mg)

アスピリンです。81mg。

バファリンを使う病院も多いです。

血栓ができやすい抗リン脂質抗体症候群の人に出されます。

これについてはまた書きますね。

 

 

 

UTROGESTAN(ウトロゲスタン)

 

 

プロゲステロン 200mg。

これを1日1回、就寝前に膣座薬として使う。

前の病院では口から飲んでいたのに、ここでは下から(笑)。

 

その件についてはこちらに詳しく書いてあります。

ウトロゲスタン(UTROGESTAN)、口から!?下から!?

2018.04.06

 

 

 

 

▼↓この記事をSNSでシェアする↓▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です